2008年04月09日

お宝発見!?


ピカデリー劇場では、今まで眠っていた
映画の宣伝用チラシを整理しています。
ここ最近ずっとチラシと戦っていたのですが
かなりの量がありました。
しかも年代物のレアなチラシも…!!
すぐに捨ててしまうのはもったいない(>0<)

なので『無料であげましょう』ということに
なりました!
まだ、いつから開始するかは検討中ですが
欲しいチラシがありましたら
ピカデリーへ、お問い合わせくださいませ。
懐かしい思い出が待っています。

長谷川
posted by concierge at 16:34| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

桜舞う季節

今年も四月がやってまいりました。
四月といえば新学期、新社会人ですね。
もう一つ忘れてはいけないのが、桜、花見です。
福山城がいい季節となるのはもう少し先ですが、
皆さん、花見の予定はいかがでしょうか?
桜の季節でしか味わえないものを是非感じてみてください。
福山の春を皆さんの力で盛り上げてください。
お花見のついでに皆さんで映画鑑賞!
なんてプランもございます(笑)
四月からまた注目の映画がぞくぞく始まります。

例えば、4月5日からは、
ニューヨーク舞台に謎のモンスターに街が破壊されていく様子を
ドキュメント・タッチにした斬新なアイデアで、
全米公開3日間で約44億円という驚異的な興収記録を叩きだした
『クローバーフィールド』。
44億円稼ぐモンスター、かなり気になりますねー。

モンゴルの英雄チンギス・ハーンが皇帝となるまでを描く『モンゴル』
この作品で、主演の浅野忠信がモンゴル語演技に挑戦し
アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされました。
さすが浅野忠信さんですね。
個人的にも好きな役者さんなので楽しみです。
 
4月26日からは、ピカデリー劇場にて
柴崎コウ主演の『少林少女』も始まります。
柴崎コウさんの戦いっぷりも見逃せないですよ!

その他気になる映画が盛り沢山!
是非チェックしてみてくださいね。

ちょっと風邪気味な長谷川からでした。
posted by concierge at 16:34| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

マジガチ☆

gati.jpg.jpg

以前ご紹介した『ガチ☆ボーイ』。
いよいよ4月4日(金)までの上映となりました。
観終わった方の満足度が非常に高い作品ですので、
まだご覧になってない方はお急ぎ下さい。

この映画、学生プロレスを題材にしているという事で、
以前、福山の「フィットネスアリーナ中島」で、“レッスルゲート”という
団体で活躍しているプロレスラー“HANZO”さん率いる
レスラーさん方に、ピカデリー劇場に来ていただき、
『ガチ☆ボーイ』上映終了後に舞台挨拶を
していただいたことがあったのです。
上の写真はその時に撮っていただいたものです。

そして、4月5日に「ふくやま産業交流館ビッグローズ」で行われる、
“みちのくプロレス”の試合に、その“レッスルゲート”が参戦するのです!
この試合には『ガチ☆ボーイ』で、イケメンレスラー“シーラカンズ”の安藤銀二郎役で
出演していた、フジタ“jr”ハヤトも出場します。
そうなんです、本作でのとても素人とは思えないド迫力の試合は、
実際素人ではない方も混じっていたのでした。
実は、そんなホンモノな彼と、一番多く戦っていたレッドタイフーン役の向井理は、
何と肋骨を骨折してしまったという話もあり、その凄さがうかがい知れます…。

行ってみたいと思われた方は、現在前売り券発売中なので、
フィットネスアリーナ中島、国輝堂スポーツ、フジグラン神辺1階サービスカウンター、
神辺・多田スポーツ、チケットぴあ、ローソンチケット、等でお買い求め下さい。
詳しくはコチラへどうぞ。

そして、まだ映画をご覧になってない方はまず映画を観てから、
本物の試合をナマで見ると、また格別なんじゃないでしょうか。
posted by concierge at 14:24| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

ドラ大使

春休みを間近に控え、好調の『映画ドラえもん/のび太と緑の巨人伝』ですが、
そんな中、外務省から正式に、『アニメ文化大使』の就任要請書が
ドラえもんに交付されたそうです。

大使に就任したドラえもんは今後1年間、
海外での文化外交に飛び回る多忙な日々を迎えることになるようです。
実際にアジアを中心に、海外でも絶大なる人気を誇っているので、
まさに適任ですね。

ただ、どうも欧米諸国では他の代表的な日本の漫画と比べて
いまいち浸透度が低いようです。
その理由として、畳にふすまといった日本家屋や
日本文化に深く根ざした描写が馴染みにくいとか、
降りかかる難題にのび太が自力で立ち向かわず、
常にドラえもんに頼っているともとれるストーリー展開が
共感を得にくいらしい。 …なるほど。

しかし!
今年の12月に『ドラえもん/のび太と緑の巨人伝』が、
なんとアメリカで上映することが決定したのです!
ここはひとつドラえもん大使にがんばってもらって、
アメリカでドラフィーバーを巻き起こしてほしいものです。
posted by concierge at 21:26| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

2008年 宇宙の旅

皆さん「アーサー・C・クラーク」という名前をご存知でしょうか?
さあ?聞いたこと無いなあ…という方でも、
『2001年 宇宙の旅』というタイトルは、ご存知でしょう。

1968年に公開されたSF映画で、スタンリー・キューブリック監督の代表作の一つです。
キューブリックが異星人とのファーストコンタクトを描く映画を撮影すると決めたときに、
その科学考証や共同脚本などをクラーク氏に依頼し、二人でアイデアを出し合って撮影されたのが
『2001年 宇宙の旅』なのです。

ではそんな、クラーク氏は何者かというと、
ロバート・A・ハインライン(映画『スターシップ・トゥルーパーズ』の原作者)、
アイザック・アシモフ(映画『アンドリューNDR114』『アイ,ロボット』の原作者)と並んで
20世紀を代表するSF作家として、100冊以上のサイエンスフィクション、
フィクションを世に送った作家でもあり、
現在の世界にかかせない静止衛星の概念を考案したことでも知られ、
1998年にはエリザベス女王からナイトの称号を授与され、
「サー・アーサー・チャールズ・クラーク」となった、偉大な人物なのです。

しかし…、

昨日、3月19日未明、スリランカ・コロンボの病院にて
呼吸不全のためお亡くなりになりました。
1917年12月16日生まれ、享年90歳でした。
クラーク氏は、死の直前まで宇宙人の存在が証明されること、
今よりも美しいエネルギーを抱いた世界になること、
そして自分が住むスリランカの内戦が終結し、
平和な未来が訪れることを願っていたといいます。

子供の頃にテレビで観た『2001年 宇宙の旅』は、幼心に衝撃的でした。
しかし、物語自体はかなり難解で、当時は全く理解できないものでした
(今でも理解できているか怪しいですが…)。
人類が人類になる前、類人猿の生活から始まり
偶然手にした骨(武器)を振り上げ、同じ猿を殺すことによって「ヒト」として進化する。
そして空に振り上げられたその骨がいつの間にか
宇宙に浮かぶミサイル衛星に代わっている。
そんなシーンで、400万年に及ぶ「ヒト」の進化を表すなんて…。
さらにアポロの月面着陸の前年に造られた作品とは思えない、リアルな宇宙描写!
そして、かのジョンレノンにして
「この映画は一日24時間、寺院で上映されるべきだ」と言わしめたほどの荘厳さ。

機会があれば観てみてはいかがでしょう。
ただ、先にも言いましたが非常に難解というか、始めて観るとワケワカランと思います。
そんな方は5年後にもう一度、そして20年後にもう一度観てください。
この作品は20年、30年越しで観て、初めて良さがにじみ出てくるものなので、ご注意を。

そして、なんだかんだで2008年。
あの時に思い描いていた未来とは違いますが、
今私たちの頭の上で日本人宇宙飛行士が
国際宇宙ステーションを組み立てているというのも、
まんざら悪くない未来かもしれませんね。
posted by concierge at 21:09| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

劇場はエコ!?

なんだかすっかり小春日和ですね。
ちょっと動くと汗ばむようになってきました。
この調子でいくと今年の夏も厳しい暑さになるのでしょうか?

そんな中、『環境にやさしいクルマの使い方を考えてみませんか?』
というテーマで、「環境セミナー」が我社で開催されました。

今、環境問題として地球温暖化現象が取り上げられ、
その原因として、二酸化炭素の排出が大きく叫ばれているのは皆様もご存知でしょう。
個人・団体・企業など様々な場でCO2削減の試みがなされていますが、
我が街福山でも独自の運動が行われています。

備後のCO2削減『ベスト運動』!
福山では通勤交通の約7割がマイカーに依存していて、
福山都市圏の渋滞による損失時間は、
広島・岡山に次いで福山が中国地方ワースト3なのです。
そういった渋滞緩和と共にCO2削減を目指し行われている運動です。
この運動の会員になると、色々お得になったりもするので、
ココで見てみて下さい。

そして今回初めて知ったのが、「おでかけふくやマップ」!
これは、パソコンや携帯電話を使って、バスの時刻表や運賃、
所要時間を検索できるシステムで、出発地・目的地
および時刻設定することで、最適なルートが分かるのです。
また、地図による出発地・目的地の設定も可能で、
普段、バスを利用しない人にとっても使いやすいものになっています。

これが実際に使ってみると非常に便利、かつ面白い。
何時何分に何番乗り場からで、所要時間や運賃まで分かり、
地図上にルートが表示されるという便利っぷり。
そして面白いのが、それによって削減されるCO2が分かるのです。

例えば、福山駅から神辺駅までバスで行くと。
距離が約7.5Kmで、それによるCO2削減量は、
マイカーだと約1.471.2gに対し、バスは約約840.0g
つまりバスを利用すれば、約631.2gのCO2が削減されるわけです。
と、言われてもピンとこないでしょう。
これをテレビに換算すると、ナント!
約11時間分の電力消費に相当するのです。
この様なことが表示されるので、試しに調べてみるだけでも面白いですよ。

しかし…、逆に考えるとテレビの電力消費の多さに驚いてしまいますね。
ということは、家でDVDとか借りてCO2排出するのなら、
劇場のスクリーンで観るほうがエコってこと?
映画館は公共交通機関並み!?
posted by concierge at 20:36| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

シネマ・コンシェルジュ宣言

昨日、広島テレビさんの『テレビ宣言』という番組内で、
新しく出来たシネコンに対抗する為の「地元映画館の秘策」
といった企画で、シネマコンシェルジュが紹介されました。

シネフクやシネマモードも含め、
かなりの時間をかけて撮影されておられたので、
一瞬映るだけかな?と思っていたんですが
結構長く出てしまっていました。

特集自体は、シネモのイベントやシネマコンシェルジュの
紹介がクローズアップされた感じでした。
確かにシネモや、コンシェルジュ等は、
新しくも分かりやすい試みですから、テレビ的ですね。

以前も新聞には何度か取材を受け、写真も掲載されたのですが、
さすがにテレビの影響は大きいらしく、
早速お客様に「昨日TV出てた方ですよねぇ」等と言わちゃいました。

その中で、プレミアムシートの映像も流れたので、
これをキッカケにプレミアムシートを選ばれるお客様が
増えていただければと思います。
実際にプレミアムシートを一度経験され、
2度3度とご利用頂く方は確実に増えていっています。
もしテレビを見られて興味を持っていただけましたら、
とにかく一度試してみてください。

そして、今回の放送で『シネマコンシェルジュ』という名前が、
多くの方に認知されたと同時に、「コンシェルジュなんてたいしたことないなぁ…」
等と言われないようにしなければというプレッシャーが、
良い意味で働いていくと思います。
これを機会に、ピカデリーで見かけたら気軽に声をかけて下さい。
posted by concierge at 19:24| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

CM撮影

IMG_7765 (2).JPG
始めまして、ひそかにいたもう一人のコンシェルジュの長谷川です。
ピカデリー劇場で働き始めてまだ三ヶ月ほどで分からないこともあるとは思いますが、
見かけたら気軽に声をかけてくださいね。

さて、今回初ブログに書き込みたいお話なのですが・・・
なんと、フューレックカードのCMが広島地区で放送されます!
その撮影現場にお邪魔した時の写真を今回載せたいと思います。
たった数十秒のCMを作るために何時間もかけ色々なバージョンを撮りました。
現場はとても和やかな雰囲気で皆さん楽しそうでした。
撮影した映像をただ今編集中で三月下旬には出来上がるそうです。
春休みまでには放送予定だそうです!
ちょっとした物語形式になっているので
ぜひチェックしてみて下さい。
posted by concierge at 20:06| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シネマ落語

更新が遅くなってしまい、申し訳ありません。
書きたいことは色々とあったのですが、
変に間が開いてしまいました… しかし、
気にせず書いてしまいます。

シネフク内に移転リニューアルした『シネマモード1・2』で、
先月2月23日に行われたライブイベント『シネマ落語@モード』。

これはどんなイベントだったかと言うと、映画館なのに
映画の上映は無く、スクリーンをバックに普通に落語をやっちゃうという、
非常に面白いものだったのです。

そして、その噺家さんとは?
映画好きで知られ、映画評論はもちろん、
自身で監督もする落語家、立川志らく師匠です。
名作映画を落語にリメイクするという
「シネマ落語」をやっておられる方で。
例えば、「ローマの休日」が吉原を抜け出した花魁と瓦版屋の恋物語に。
「ゴッドファーザー」が江戸の親分と三人の息子の重厚な絵巻にといった具合。

そして今回は、どんな元ネタかと思うと、
なんと『天国から来たチャンピオン』ではありませんか。

ご存じない方も多いかと思いますが。
1978年制作ウォーレン・ビーティ主演の作品。
天国のミスで50年早く寿命を迎えてしまったアメフト選手が、
火葬されてしまった自分の体の変わりに別の人間の体に乗り移り、
再びアメフトの世界に立つという物語を、舞台は江戸。
主人公を花火職人に置き換えて描かれる人情話。

実は元々好きな作品だったので、
この意外性のあるチョイスは、個人的に嬉しかったです。

ご本人曰く、元の映画より美しいラストシーンだそうです。
シネマ落語を見に来られた方は、この機会にレンタル等で、
観て落語と比べてみて下さい。
そうじゃない方にも、お勧めの作品です。
posted by concierge at 17:55| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

OPEN!

なんだか風が強いですね。
劇場前のテラスに置いてあるイスやテーブルが
強風で倒れてしまいました。
なので今日はウエイティングルームに入れて並べてみました。
本日ご来場いただいたお客様には
ちょっと狭くてご迷惑をおかけしたかもしれません、
申し訳ございませんでした。

そんな中、更なる強風が吹いて来ました。
愛知県を拠点に、パチンコ・ボウリング・温浴・映画館等の
複合施設を展開している『福山コロナワールド』さんが
本日ついにオープンです!

コロナさんのシネコンが10スクリーン、
フューレックグループが15スクリーン、
合わせてナント、25ものスクリーンが
福山に誕生したことになるわけです。

確かにライバルという事にはなりますが、
これで皆様が映画に触れる機会が増え
福山の映画館全体が盛り上がっていけば良いんじゃないでしょうか。
まぁ一度コロナさんにも行ってみて下さい。


追伸

…でも、また戻ってきてくださいね。
posted by concierge at 19:17| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。